萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系が中心の漫画の紹介・感想ブログ。ブログ名元に戻しました。

美少女たちに拉致監禁された少年の拷問ハーレム『皆様の玩具です』1巻 感想

皆様の玩具です (1巻)
講談社 マガジンコミックス
著者:石井康之

ある日突然、美少女たちに拉致監禁され理不尽な暴力を受けることになった男子高校生の哀れな様子を描いた拷問サスペンス…のような何か。

 

地獄の日々は突然に

亡くなった母の代わりに、父と弟を支える日々を送る男子高校生の月宮ツカサ
かわいい顔のおかげか女の子にモテる以外は特にコレといった特徴の無い、至って普通な彼がある日突然、自宅に訪れたガスマスクの不審者にバットで殴られて意識を失ってしまいます。

見知らぬ場所で、手錠をかけられた状態で目覚めたツカサの前にゾロゾロと現れたのは、初対面の女の子たち。何の脈絡もなく彼女たちから殴る蹴るの暴行を受けて床に這いつくばるツカサに浴びせられたのは、「あなたはこれから私たちに毎日拷問されます」という理不尽な宣言と罵声、そして憧れの女性のオシッコでした。

そこから始まる地獄の日々。決められたルールの下で順番にツカサを拷問する女の子たちの目的はいったい何なのか…。

 

全国民紳士化計画

かわいい男子が美少女の集団に拉致監禁されて虐め辱められるというシチュエーションがたまらない(男女が逆ならば不快極まりないですが)この作品。ネットで紹介記事を見て以来ずっと気になっていたんですが、本屋に行ってもどこにも売ってなくて困ってました。

オイオイまさか売り切れか?
こんなニッチな漫画がそんなに人気あんのかよ…。世の中ドMの変態男子が多すぎてイヤになるぜ。

なんて思ってましたが、どうやら探すところを間違えていたようです。
内容的にてっきり青年漫画だと思い込んで青年漫画の新刊コーナーを探していたんですが、なんと少年漫画の単行本(少年〇〇系の小サイズのやつ)でした。このような作品を少年漫画扱いにするだなんて、ピュアな少年達の性的嗜好を歪めてドMの変態エリートを量産する計画でしょうか。恐ろしい…。

 

人によってはパラダイス?

拷問と聞くと鞭でシバかれたり水攻めされたりと、肉体的な苦痛を伴うものを想像しがちですが、本作の拷問は陰湿なイジメに近い「人間の尊厳を踏みにじる系」がメインです。しかし、イジメる側が若い女子ということで「足でご飯を食べさせられる」「咀嚼したヨダレまみれのご飯を食べさせられる」といった本来ならば屈辱的かつ汚らしい行為が、一部の紳士たちにとっては拷問どころかご褒美にしかなりません。

f:id:torimomo_d:20180729191219j:plain

出典:石井康之 著『皆様の玩具です』1巻 / 講談社

f:id:torimomo_d:20180729191233j:plain

出典:石井康之 著『皆様の玩具です』1巻 / 講談社

かくいう私も一角の足フェチですので、この足でドッグフードを食べさせられるシーンはうらやましい限りです。
…いやウソです。さすがにドッグフードは勘弁してください。

そして監禁・ハーレム状態となれば誰もが期待するであろうエロ要素ですが、これに関しては少年漫画扱いということもあってか少々物足りない内容でした。上記のような、見る人によってはエロく感じる変態行為は豊富ですが、チチ・シリ・フトモモといった万人が喜ぶ普遍的なエロ描写といえば、せいぜい一緒にお風呂に入ってたシーン(乳首あり)くらいでしょうか。
女の子同士の取り決めなのか誰かの指示なのか「下を攻めるのはまだ禁止」というルールもあるみたいなので、ツカサくんのビッグマグナムが爆発するような過激なエロはしばらく期待できそうにありません。

 

シリアス風ギャグ

あらすじだけで判断するとシリアスで陰鬱な作品かと思われそうですが、ツカサが見た目の割にメンタルが強いというか、この状況でも意外と余裕があるので妙にギャグ漫画っぽくなってる所もあったりします。あくまで少年漫画ってことなんでしょうが、拒否反応を起こすほどエグい場面も無いのでカジュアルな拷問漫画として、テーマの割にはサラッと読める作品です。
特に、美少女ならば体液や排泄物まで愛せる紳士諸兄や、キンタマ蹴り回されて悦びを感じるドM男子にはオススメです。