萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系を中心に、美少女が活躍する漫画の紹介・感想ブログ

『ぼっち・ざ・ろっく!』1巻 感想 ギターを手にした陰キャ女子

ぼっち・ざ・ろっく! (1巻 以下続刊)
芳文社 マンガタイムKRコミックス
著者:はまじあき

コミュ障ぼっちな女子高生とその仲間達によるガールズバンドコメディ4コマ

 

ギター背負って徘徊してたら運命の出会い

 
陰キャでも輝ける場所としてバンドに憧れ、ギターを始めたコミュ障な女子中学生・後藤ひとり(通称ぼっちちゃん)。
練習を重ねてギタースキルを磨き上げたものの、持ち前のコミュ障が祟ってバンドメンバーを集められないまま、卒業の日を迎えてしまいます。

高校でこそはバンドを…!と意気込んでいたものの、友達すら出来ない日々を送っていたある日のこと。
バンドメンバーが本番直前に突然辞めてしまい困っていた他校の生徒に声をかけられ、半ば強引に誘われて急遽ステージに立つことになってしまいます。

この出会いをきっかけに、ぼっちちゃんの輝かしいスター街道の幕が開ける(かもしれない)のでした。

 

 

イキってすみません…


この作品の魅力は、なんと言っても主人公であるぼっちちゃんのキャラクターです。

度が過ぎるコミュ障っぷりが痛々しくも可愛いらしく、どもりながら紡ぎ出されるハイセンスなセリフの数々は非凡なものを感じさせます。
そして肝心のギターの腕前は、動画サイトで「無茶苦茶上手い」と話題になるほど。

動画に批判的なコメントが付いた時のぼっちちゃんのメンタルが心配だな…。

8ページ目の動画画面の絵を見てみなさい。荒しコメどころか低評価すら一つも付いてないでしょ。

優しい世界なんだね。
社会に疲れた大人を癒す、萌え4コマはこうでなくっちゃ。


人前ではなかなか本来の実力を発揮できないのが見ててもどかしいですが、何だかんだで大事な場面ではキッチリ結果を出してしまう度胸は大したもの。
しかも何気に美少女だったりで、実はポテンシャルの塊のような女の子なのです。

 

 

ぼっち・コミュ障・陰キャでも楽しく読める


そんなぼっちちゃんの成長物語という側面も持つ本作。
なので心温まるエピソードや熱い展開もあったりしますが、あくまで基本はコメディなのであまりそういった方向に振れ過ぎずに、どんな時でもギャグを忘れず最後は笑いで落とす所が良いですね。
おかげで痛々しいまでにコミュ障なぼっちちゃんですが、あまり悲壮感は感じられません。

私を含めて、萌え4コマを愛読しているような人種は少なからずコミュ障なので(超偏見)ぼっちちゃんを見てるとトラウマが蘇って傷をえぐられる思いをしてしまいそうですが、ギャグ色が濃いおかげで読んでいて辛くならないのが良かったです。

個人的には男キャラが出てこないのが良かったな。

そういえばライブの客を含めて、いっさい出て来ないわね。

バンドといったらチャラそうな男が出てきそうだったので…。安心したよ。


作中でも触れられてましたが、不自然なまでに女の子しか出て来ない、それでこその「きらら系」ってもんでしょう。