萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系が中心の漫画の紹介・感想ブログ。ブログ名元に戻しました。

干潟女子、新キャラを連れて奇跡の復活『ガタガールsp.』1巻 感想

この記事は2017年4月に書いた『ガタガール』の感想に、続編である『ガタガールsp.阿比留中生物部活動レポート』の感想を追記したものです。

ガタガール (全2巻)
講談社 シリウスKC
著者:小原ヨシツグ

干潟を愛する女子中学生と、彼女に惚れてるインドア男子。2人のラブコメ模様を中心に、とある中学校の生物部の日常を描いた干潟特化型の生き物マンガです。

 

ラブコメで学ぶ干潟の生き物

休日はゲームをしながらダラダラ過ごす中学2年生の潮崎干太
ある日、大学で海洋生物の生態を学んでいる姉に手伝いを要請された干太は、「女の子との出会いがあるかも?」という甘言につられて「干潟観察会」に参加します。そこで待っていたのは、参加者のガキんちょ共に交じって異彩を放つ、本格装備で身を固めた同学年の美少女との出会いでした。

これをきっかけに、学校の生物部に入り浸ることになった干太。
生物部員は干太以外は全員女子というハーレム系ラブコメとして楽しみつつ、干潟の基礎知識やそこに住まう生物の生態、標本の作り方まで学べる作品です。

 

ラブコメ要素多すぎ問題

普段はボーッとしてるけど干潟のことや生物のことになるとスイッチが入り、狂気すら漂わせる干潟女子(ガタガール)・七瀬汐を筆頭に、生物部の女の子たちはみんな可愛くて個性的。この美少女たちを活かすためか、作品全体としては生き物パートよりラブコメパートの方が比率的には多いように感じます。

ラブコメ要素やギャグが多くて干潟初心者のオレとしては読みやすかったぜ。

私はもう少し専門的でディープな内容を期待してたから…。生き物好きとしては正直言って物足りない内容だったわね。

言われてみればラブコメに生物に、どれも中途半端で何がメインなのか分からない感じはするな。

確かに干潟・生物・ラブコメ・萌え・ギャグと、要素を詰め込み過ぎで専門性は薄れているかもしれません。しかし、この雑多なところが干潟の生物の多様性を表現しているようで(考え過ぎでしょうが)個人的には結構好きだったりします。

 

知りたくもない思春期男子の生態

ただ、主人公である干太のキャラクターに関しては大いに不満があります。
干潟に興味を持った理由が「好きな女の子に近づくため」というのはキッカケとしてはアリだとは思いますが、結局最後まで純粋に干潟が好きになったようには感じられず、下心と惰性のみで生物部の活動を続けているようにしか見えなかったのが残念でした。この年頃の男子の行動理念が「モテたい」なのは理解できなくもないですが、我々が見たいのは干潟生物の生態であって、中学男子のリアルな性態ではないですからね。
いっそのこと干太を排除して、干潟を題材に女の子たちがキャッキャウフフする日常物にした方が、作品としてはまとまりが良かったかもしれません。

この干太が原因かどうかは分かりませんが、残念ながら2巻で打ち切り終了となってしまいました。一時は単行本の発行も危ぶまれたようですが、ツイッターの反響でなんとか発売まで漕ぎつけたようです。
現在は「#1万RTでガタガール新作」というキャンペーンをやっているようなので、ぜひ作品を読んでみて気に入ったらリツイートに協力してみてください。

詳細はこちら ⇒ 連載終了に対する読者の嘆きに電子書店が呼応 異色の名作『ガタガール』の復活を応援!|株式会社ブックウォーカーのプレスリリース

※2017年4月20日で終了しました。 

 

そして上記のキャンペーンの結果、見事に連載が復活。タイトルを改め、汐と双璧を成す干潟変態の新キャラも加えてますますパワーアップした内容となっています。
それがこちら。

ガタガールsp. 阿比留中生物部活動レポート (1巻)
講談社 シリウスKC
著者:小原ヨシツグ

 

進化したガタガール

前作と比べて大きく変わったのが、かなりラブコメ要素が減少(というかゼロに近い)していて、より生き物がフォーカスされるようになっていること。私としては今作と前作の中間くらいが理想だったんですが、それはともかくとして。こうなるとますます必要性を感じなくなってしまったのが干太の存在です。
かつてはハーレムラブコメの中心だったはずの彼ですが、役割の減少と共に存在感は薄れ、もはや汐の金魚のフン兼ツッコミ役に成り下がっています。

わざわざ下心丸出しの男子を出す必要が無くなったな。ツッコミ役なら女の子でも問題ないし。

そうね。いっそのことラブコメ要素は完全に削っても良かったんじゃないかしら。

新キャラをツッコミ役にして干太は退部で「萌え×ギャグ×干潟」に特化してほしかったな。

個人的には前作に登場した飛鳥ひな子と交代してくれると嬉しいですね。
あの1話だけで終わらせるには惜しいキャラですし、彼女ならばツッコミ役もソツなくこなしてくれることでしょう。

 

ところで、干太はなんで常時バンダナを装着するようになったんだ?

自分の存在意義に悩んでハゲたんじゃないかしら。

と、思ったらカバー下にその理由が書いてました。
というか前作の干太はやっぱり評判悪かったんですね…。嫌っていたのは私だけではなかったようです。そう考えると、なんだかかわいそうになってきた。