萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系が中心の漫画の紹介・感想ブログ。ブログ名元に戻しました。

究極の視覚トリック『自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。』1~3巻 感想

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。 (1~3巻)
一迅社
著者:ルーツ

作者のルーツさんが、自身の日々の暮らしをツインテール美少女に置き替えて描いた日常4コマ(最後のコマは必ず「おわり」で締めるので実質3コマ)。ニコニコ静画で連載されていたものに、かなりの量の描き下ろしを加えて書籍化したものだそうです。

 

人は見た目が100パーセント?

おっさんのなんてことない日常をだらだらと垂れ流す。そんな本来ならば、つまらないどころか殺意すら芽生えそうな内容を、ビジュアルを「おっさん ⇒ 美少女」に変換するだけで萌え4コマに仕立て上げてしまったという強引な作品です。
おっさんの見た目を美少女に替えただけなので言動はおっさんのままなんですが、おっさん臭いところが逆に可愛く思えてきて、その感情を素直に受け入れてしまっていいのか判断に困ってしまいます。

おっさんならば頼まれても見たくないようなシーンでも、ツインテ美少女に変換すれば微笑ましいことこの上なし。「かわいいは正義」というフレーズを、これほど実感できる作品もなかなか他に無いんじゃないでしょうか。

 

見た目は美少女、頭脳はおっさん

足フェチ・脚フェチな私として嬉しいのは、フルカラー作品ということで肌色面積が分かりやすいこともあり、脚の露出が目立つこと。

美少女の中身はおっさんなので、いくら脚の露出が多くても過剰に反応するのはいかがなものかと思わなくもないですが、大好物である美少女の生脚・素足が大量に拝めるとあっては心躍らずにはいられません。たとえその先に、すね毛ボーボーのおぞましい脚があるのだとしても…。

素足だけでなく、ツインテ美少女のデフォルト装備といっても過言ではないニーハイも各種取り揃えております。ニーソに限らず服装のバリエーションも豊富で、ルーツさんは意外とオシャレなのかも。ケツ毛の処理もしてましたし、美意識が高いのかもしれませんね。

 

物事の本質を見極める力が身につく

このように、一見バカバカしい内容と思わせておきながら、視覚情報に頼りすぎて物事の本質を見失いがちな我々に警鐘を鳴らす、メッセージ性の強い作品でした(ほんとかよ)。
ふと思ったんですが、会社でムカつく上司を相手に日々ストレスを溜めてる方も、これを応用して脳内で上司を美少女に変換すれば、楽しい社畜ライフを送れるかもしれませんね。

ところで3巻が出てからけっこう経ちますが、4巻はまだなんでしょうか。