一石二万鳥

おすすめ漫画も、そうでない漫画も

『アリソンは履いてない』1巻 | ノーパン娘のおっぱいモミモミ

タイトル:アリソンは履いてない
著者:ねんど
出版社:竹書房(バンブーコミックス)
巻数:1巻(以下続刊)


無職のゲームヲタ・氷川スグルの前に突然現れたのは、「ストレンジガールズ」というゲームに登場する大人気キャラ・アリソンにそっくりな女の子。
初めはクオリティの高いコスプレイヤーだと思っていたスグルでしたが、実は彼女は「水着イベント後に下着が再装着されないバグ」によって失ったパンツを求めて現実世界に現われたアリソン本人なのでした。

気付けばスグルの部屋に居ついてしまったアリソンと、アリソンを追って次々現われる美少女ゲームキャラ達との同居生活を描いた、ちょっとエッチなハーレムラブコメです。

 

 

揉んで回復

スグルが今夢中でプレイしている「ストレンジガールズ」とは、異能の美少女キャラを育ててクエストをこなし、女の子の体をモミモミすることにより消費した魔力を回復する、というゲーム。
魔法使いであるアリソンは、現実世界でも気に入らない相手がいれば躊躇なく攻撃魔法をブチ込みます。
そして消費した魔力を回復するために……。

f:id:torimomo_d:20200109224418j:plain

出典:ねんど 著『アリソンは履いてない』1巻 / 竹書房

おっぱいモミモミ
このモミモミシーンこそが本作の最大の見所です。

アリソンに限らず登場する女の子の好感度は最初からMAXで、ストーリーなんてあって無いようなもの。
他にも、魔法の名前は適当にお菓子の名前を付けただけ等々、エロ以外にリソースを割く気なんぞ全く無さそうな作者の姿勢は、いっそ清々しいほどです。

貧乳担当のアリソンだけでなく、巨乳のライバルキャラを筆頭に出てくる女の子はみんなモミモミ
新キャラ登場 → テキトーにバトル → おっぱいモミモミ → スグルの部屋に居つく、というのがパターンになってます。

 

 

足の裏も揉んでほしい

こんな感じで、モミモミ以外のセールスポイントを見つけるのが難しい作品ですが、個人的に注目したいのは足フェチ要素の多さです。

f:id:torimomo_d:20200109224522j:plain

 

f:id:torimomo_d:20200109224533j:plain

出典:ねんど 著『アリソンは履いてない』1巻 / 竹書房

作者のねんどさんが足フェチなのか(描き込み具合から判断して足裏フェチと予想)、結構な頻度で足裏が出てきます。
これは足裏フェチとしては嬉しいサプライズでした。


こんな感じで、とにかくエロ方面に特化したこの作品。
ラブコメにストーリー性や心理描写を求める方が読んだら床に叩きつけそうな内容ですが、おバカで明るくエッチな漫画が好きな方には非常にオススメです。