一石二万鳥

おすすめ漫画も、そうでない漫画も

『ひょうい☆ドン!』全2巻 感想 | ちょっとエッチな妖怪退治

タイトル:ひょうい☆ドン!
著者:たかやki
出版社:秋田書店(チャンピオンREDコミックス)
巻数:全2巻


退魔師の血を引く少年が霊となった祖父の力を借り、周りの女の子達をエッチなトラブルに巻き込みながら妖怪を退治していくエロコメディ

 

エロが全てさ

神社の息子・玉ノ衛千尋は代々続く退魔師の血を引くものの普通の高校生として生活していました。

そんなある日の夜。
雷が神社の本殿を直撃して祀られていた御神体にヒビが入ってしまいます。
それにより霊力が溢れて周囲の生物が妖怪化。

千尋は人々を守るため、御神体の修復方法が見つかるまで祖父の力を借りながら退魔の役目を果たすことになってしまい……というお話です。


この作品の最大の魅力は、なんと言っても乳首券大量発行のサービスシーンの数々です。

f:id:torimomo_d:20200224234435j:plain

出典:たかやki 著『ひょうい☆ドン!』1巻 / 秋田書店

こういう気合の入ったサービスシーンが盛りだくさん。
作品自体はどう見ても打ち切りっぽい終わり方ですが、正直言ってストーリーはオマケみたいなもの
というか、個人的には本格的にストーリーが動き始める1巻までの方が面白かったくらいです。
 

f:id:torimomo_d:20200224234653j:plain

出典:たかやki 著『ひょうい☆ドン!』2巻 / 秋田書店

お湯越しの全裸がなんだかとってもエロい、千尋の幼馴染である桜の入浴シーン。
最終話はヤケクソ気味な全ページ全裸の温泉回なんですが、打ち切りによるモチベーションの低下が原因なのか、この入浴シーンに比べて格段にクオリティが落ちているのが残念でした。


それから妖怪退治モノということで、女の子が妖怪に襲われて……という展開ももちろんあるんですが、2巻に入るとそういったシーンが全くと言っていいほど無くなってしまってます。
1巻の巨大エロダコによる触手プレイや巨大虫に襲われる、みたいなのがもっと見たかったですね。

 

妖怪より足裏

こんな感じでオッパイに不自由しない作品ですが、その他の注目点として挙げたいのが足フェチ要素の多さです。
というわけで足フェチである私の琴線に触れたシーンをいくつかご紹介します。

f:id:torimomo_d:20200224234808j:plain

出典:たかやki 著『ひょうい☆ドン!』2巻 / 秋田書店

まずは2巻の裏表紙から、スク水姿の委員長の足裏。
貴重な美少女の足裏カラーイラストを、購入せずとも見ることができる裏表紙に持ってくるというサービスっぷりに感動です。

 

f:id:torimomo_d:20200224234829j:plain

出典:たかやki 著『ひょうい☆ドン!』1巻 / 秋田書店/figcaption>

プールに出没する妖怪をおびき出すための囮として、スク水姿でたゆたう委員長の足裏。
妖怪の正体はヤツメウナギでしたが、あの吸盤状の特徴的な口でチューチュー吸われてた桜の乳首が心配です。

ヤツメウナギってグロいんだよな……。

気になる人はググッてみてね。
責任は取れないけど。

 

f:id:torimomo_d:20200224234849j:plain

出典:たかやki 著『ひょうい☆ドン!』1巻 / 秋田書店

足裏はそれだけで素晴らしい物ですが、おっぱいと同時に観賞できれば魅力も倍増するというもの。
というわけで主人公の妹・花穂が、入浴中に妖怪に覗かれてるのに気付いて慌ててスッテンコロリン全裸開脚のシーンです。

手桶のポジショニングが絶妙だな。

なんか花穂がフタナリっ娘に見えるんだけど。


他にもいくつか心に残ったシーンはありましたが、キリがないのでこのへんで。
しかしこうして画像を並べてみると、作者の嗜好なのか3人とも黒髪の似たような髪型なので区別がつきづらいですね。

ebookjapanで見る