萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系を中心に、美少女が活躍する漫画の紹介・感想ブログ

『無邪気の楽園』6巻 感想 | 少女は素足で空を歩く、そして漏らす

f:id:torimomo_d:20190707155115j:plain

タイトル:無邪気の楽園
著者:雨蘭
出版社:白泉社(ジェッツコミックス)
巻数:6巻(以下続刊)


25歳のニート男・省太が小学5年生の時代へとタイムスリップし、無邪気で無防備な同級生ヒロインたちとのエロハプニングに巻き込まれるという、このご時世にロリを前面に押し出すチャレンジャブルなお色気コメディ。
その6巻から、足フェチの琴線に触れたシーンをご紹介します。

 

省太のクラスメイトである奈子ちゃんは、将来の夢がスチュワーデス。
ところが高い所が大の苦手という、致命的な弱点を抱えています。

ある夏の日、友達から高さ15メートルのウォータースライダーがあるプールに誘われた奈子ちゃん。本当は怖くて行きたくないのに意地っ張りな性格が災いして、参加することになってしまいます。

どのみち夢のためには高所恐怖症は克服しなければならない、ということで自分なりに高所に慣れる訓練を始めることに。

 

f:id:torimomo_d:20190707115658j:plain

出典:雨蘭 著『無邪気の楽園』6巻 / 白泉社

習っている合気道の道場の庭に長机を用意し、その上に姿見をセッティング。
鏡に空を映してその上を歩くことにより、まるで空の上を歩いている気分になろうってワケです。
うーん、それは無理がないか奈子ちゃん。

 

f:id:torimomo_d:20190707115741j:plain

出典:雨蘭 著『無邪気の楽園』6巻 / 白泉社

素足で鏡の上をペタリ。
かわいい足先がフォーカスされる貴重なシーンです。

スカートの中を見て「しょ、小学生が黒パンツなんてけしからん!」と、お怒りのジェントルメンもいらっしゃるかもしれませんが、まぁ落ち着いてください。
ウォータースライダーの練習ということで、服の下には水着を着こんでるんですよ。

 

f:id:torimomo_d:20190707115823j:plain

出典:雨蘭 著『無邪気の楽園』6巻 / 白泉社

鏡に映った鳥にビビり、思わずしゃがみこんでしまった奈子ちゃん。
「じゅわっ」ってアンタもしかして…。

 

f:id:torimomo_d:20190707115849j:plain

出典:雨蘭 著『無邪気の楽園』6巻 / 白泉社

漏らしてしまいましたとさ。
思わぬ形で水着に着替えていた効果が出ました。

結局ポタポタ数滴たれる程度のお漏らしで済みましたが、個人的には豪快に漏らしておしっこの海に素足で呆然と立ち尽くす奈子ちゃん、なんてのも見たかったですね。

 

この後、訓練は成功したものの、道場の師範に見つかって怒られてしまいます。
この師範、やけにタイミング良く登場しましたが、実はこっそり影から見てたんじゃないでしょうね…。
まったく、とんだ変態師範がいたもんだ。

それにしてもこの作品、今巻も幼女同士で乳首を攻め合うなどアグレッシブなシーンが盛りだくさんで、毎回のことながら完全にアウトな気がするんですけど大丈夫なんでしょうか?