萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系を中心に、美少女が活躍する漫画の紹介・感想ブログ

『蒸し暑いからぬぐー』全1巻 感想 | 脱ぎたがりな姉とその弟のエロスな日常

タイトル:蒸し暑いからぬぐー
著者:ボマーン
出版社:エンターブレイン(マジキューコミックス)
巻数:全1巻


暑いと謎の力を発動させて着ている服を吹き飛ばす、という特技を持つ姉・彩夏と、その弟・リョータのイケナイ関係を描いたエロコメディです。

f:id:torimomo_d:20190707001803j:plain

出典:ボマーン 著『蒸し暑いからぬぐー』/ エンターブレイン

目の前で脱衣しまくる彩夏に、モンモンとする日々を過ごしていたリョータ。
あることをきっかけに、2人は姉弟でありながらスケベなことをする関係になってしまいます。

 

f:id:torimomo_d:20190707001822j:plain

出典:ボマーン 著『蒸し暑いからぬぐー』/ エンターブレイン

あっというまに母親にバレてしまいますが、まさかの「本番無しならOK」という、大らかすぎるこの家族。
逆に言えば、それ以外の行為は何でもアリということで、揉む・舐めるに始まり彩夏の友達・サトミも交えての3Pなど、思春期まっさかりの2人の行為はどんどんエスカレートしてやりたい放題です。

ちなみに単行本を出版するにあたって、大人の事情で彩夏とリョータは血縁関係が無いことになってしまったようです。
うーん、残念。

ストーリーの中心は彩夏とリョータですが、その他にも彩夏と同じ力を持つママや、女装したリョータに惚れてる百合っ娘の千弦など、2人の周りの女性たちもジャンジャン景気よく脱いでくれます。

 

そしてもう1人の主役と言ってもいいのが、カリスマコスプレイヤーのMAYU。
幼いころに彩夏のママに命を救われた影響で「裸の天使」に憧れる彼女は、コスプレ撮影で怪人役との痴態をさらしてくれます。(こちらも本番行為は無し)

 

こんな感じでエロ要素には事欠かない作品ですが、中でも私のお気に入りのシーンがこちら。「ぬぐー」で服を脱いだけれど、靴下脱ぐのを忘れてしまっていた彩夏の「全裸靴下」です。

f:id:torimomo_d:20190707001917j:plain

出典:ボマーン 著『蒸し暑いからぬぐー』/ エンターブレイン

余計な物を削ぎ落した中に美を感じる、日本の「引き算」の美学。
ところが全裸に靴下を足すことにより、あら不思議。こんなにエロくなるなんて。
それとも全裸を完成の状態だとすれば、あえて靴下を残すことにより、不完全な物に美を見い出す日本人の琴線に触れるということなのか。

そんなことはどうでもいいとして。
この彩夏の全裸靴下ですが、靴下の色といい長さといい、私が最もエロいと感じる理想的な全裸靴下です。
普段は圧倒的に素足派なので靴下に特別強いこだわりを持ってるわけでは無い私ですが、全裸靴下には白のソックスと決めてるんですよね。(知らんがな)

 

さて、ここまでの画像を見れば分かると思いますが、おそらく印刷を考えていなかったと思われるweb漫画を単行本化しているため、人によっては耐えられないほど線がジャギジャギで間違っても綺麗な絵とは言えません。
漫画の絵が汚くてもさほど気にならない私でも、この作品を読んだ時は正直「なんじゃこりゃ!?」と思いました。
でも慣れてくると、これはこれで味があってエロいような気がしてくるのが不思議なもんですね。

 

そんなエロさが売りの本作ですが、各話に振られてる作品番号がちょいちょい飛んでるのが気になります。どうも「エロすぎるから」という理由(多分)でいくつかの話が掲載を見送られているようです。
そのためエッチな方向に話が盛り上がってきたところで突然何事もなかったように次の話に飛んでしまうことが何度かありました。

そのたびに「エンターブレインめ…怖気づいたか!」と、腰が引けてる出版社の姿勢に怒りと落胆を覚えたわけですが、何とその削除された話が収録された続刊が発売されました。

 

それがこちら、実質2巻に相当する『も~っと!蒸し暑いからぬぐー』です。
前作もそれなりにエロかったですが、それに比べても「も~っと!」の方が明らかにエロさが増してます。
さすがエンターブレインさん!やってくれるぜ!

 

この2冊の内容は、もともとwebで無料公開されているものなので、興味がある方はまずwebで読んでみることをオススメします。
そして気に入ったらお布施として単行本を買う。それが紳士の嗜みというものではないでしょうか。