萌え漫画中毒隔離病棟

ラブコメ・日常系が中心の漫画の紹介・感想ブログ。ブログ名元に戻しました。

緞帳に刺さるスク水少女の足の裏『熱帯少女』全1巻 感想

熱帯少女 (全1巻)
一迅社 百合姫コミックス
著者:吉富昭仁

 

恥ずかしながら、実は私は足フェチでして。
そんな私が「漫画・足フェチ」のキーワードで、まず最初に思い浮かぶ漫画家が吉富昭仁さんです。

昔は普通の少年漫画を描いていたらしいですが、近年は百合モノ・TSモノのイメージが強い漫画家さんです。

この方の作品は、とにかく少女の素足率がハンパじゃないのが特徴ですが、中でも特筆すべきは足の裏が頻繁に描かれていること。
他の漫画家さんの作品ではなかなか見ることのできない美少女の足の裏が、これでもかと不自然なくらい出てきます。

今回取り上げるのは、そんな吉富さん初の百合漫画の単行本である『熱帯少女』です。
この作品は「夏・田舎」がテーマの全9作品から成る短編集で、さすがに夏だけあって肌の露出が多く、どの話も美少女の生脚・素足のオンパレード。
その中で特に私の印象に残っているのが、6番目に収録されている『体内回帰』という話です。

 

f:id:torimomo_d:20180829184207j:plain

出典:吉富昭仁 著『熱帯少女』 / 一迅社

誰もいない夏休みの学校。
プールで遊んでいた2人の女の子・真由と明美は、突然降り出した雨を避けるため、スク水のまま体育館に避難します。
そして体育館のステージの両脇に畳まれている緞帳の中を見上げて、「内臓のようだ」と眺める2人。

 

f:id:torimomo_d:20180829184219j:plain

出典:吉富昭仁 著『熱帯少女』 / 一迅社

スク水の女の子ふたりが、緞帳に頭からブッ刺さってる様はエロいというかシュールです。
この状態で、しばし語り合う真由と明美。夏休みの直前に、真由から明美に告白していたという微妙な関係の2人は、ついつい盛り上がり…。

 

f:id:torimomo_d:20180829184230j:plain

出典:吉富昭仁 著『熱帯少女』 / 一迅社

f:id:torimomo_d:20180829184239j:plain

出典:吉富昭仁 著『熱帯少女』 / 一迅社

文字通りの「頭隠して尻隠さず」状態で絡み合うスク水の少女たち。
緞帳の中では絶賛百合祭開催中です。わっしょいわっしょい。
右上のコマの、気持ちよくて足がモジモジしちゃってる感じがたまりません。真夏ということで汗とヨダレでぐちゃぐちゃになってるのも、より淫靡さが増してて良いですね。

 

作品全体を改めて読み返すと、他にも足をペロペロしてるシーンやスイカで満たしたプールに全裸で浸かるシーンなど心躍る場面は色々あるのですが、『熱帯少女』で1番に思い出したのが今回取り上げたシーンでした。
多分、下半身だけ見えてるという状況がよほど印象的だったんでしょうね。

こんな感じで足フェチにはもちろん、百合漫画としても完成度が高いので百合好きの方にもオススメです。